家族と介護職のための自立支援介護による認知症ケアの総合情報サイト

【Webで簡単入力】無料で認知症状についての相談できます!

認知症相談Webフォームに入力された相談者様のデータと認知症状を元に、各症状一つひとつを分析し、ケア内容や方法について、認知症の症状を消失させるために有効なアドバイスを提供いたします。
所要時間は、5分程度、無料でお使いいただけます。

年齢やお住まいの地域に限らずどなたでもご利用いただけます。

症状が出始めたと気づいた時をはじめ、認知症ケアに対する大きなストレスや不安を感じる前にお気軽にWebフォームからご相談ください。

Webを活用した認知症状の相談をおススメする理由

要介護のご家族にこんな症状が出ている場合におすすめです

・まわりのご家族からの言葉や行動に時々不安になっている
・最近急に物忘れが多くなってきた
・夜になると騒いだり、興奮するようになる
・ティシュペーパーなど食べ物ではないものを食べてしまう
・週に1~2回程度酷く興奮してしまう

「認知症状相談」でうけられる相談内容

・認知症状改善に取り組むことについて
・認知症予防について
・認知症状改善のためのケア内容
・要介護高齢者の重度化予防
・要介護高齢者の心身の活動性の向上についてのケア方法

※以下の相談は、お受けできませんのでご注意ください


・迅速な救急対応が必要な内容のご相談
・家庭環境などの修復に関する内容のご相談
・高度な医療処置に関する内容のご相談
・介護事業所の経営に関する内容のご相談
・迅速な対応が必要と判断される虐待に関する内容のご相談

※上記のご相談内容については、行政の窓口(救急、警察、市役所等)にご相談ください。
※いたずら、迷惑行為、なりすまし等、悪質な行為については、関係機関と連携の上、厳正に対処させていただきます。

竹内教授の「自立支援介護」理論による認知症相談とは

私たちが行う認知症相談は、国際医療福祉大学大学院の竹内孝仁教授が提唱する「自立支援介護理論」「認知症状を消失させるケア理論」に基づき実施しています。

現在発現している認知症の「症状」を消失させることに相談の重点を置き、ご本人やご家族、介護従事者が今後すすめていくケアをより良くするために必要な内容をアドバイス致します。

「自立支援介護」とは

「自立支援介護」とは、国際医療福祉大学大学院の竹内孝仁教授が提唱する介護プログラムです。

「水分摂取、食事(栄養)、自然排泄、運動」の重要性に着目し、ご本人の体調を整え、活動量を上げることで体力を回復し、意欲や活力を取り戻すことによって自立を支える介護であり、「自立支援介護」が提供されることによって、認知症の症状消失にも効果があるとされています。

無料で認知症状についての相談できます!
所要時間は、5分程度です。

1週間程度で、相談員よりケア内容のアドバイスに関するメールをお送りさせていただきます。

facebook

PAGE TOP